第39回

日に日に涼しくなる上海ですが、MOKSALは、まだまだ短パン率が高いですよ!

今回はMOKSAL史上最年長の西川さんにご参加頂きました。お歳とおっしゃるわりに、ボールが足に付いていらっしゃいます。MOKSALは、安全第一で怪我無しをモットーにしています。今後ともご参加よろしくお願いします。

準備運動のあと、ボール回しをした後に、またまた新しいアップに挑戦。

いわゆる鬼ごっこです。ボールを持っている人が鬼(5名)に触られると、鬼と交代になります。最初は1分間でボール一つ、次の1分間はボールを二つ、その次が三つという具合に増やしながら、素早い思考動作を試します。

尚、タイムオーバー時に鬼の人は腕立て10回と体を鍛えられるおまけ付きでした。

前回までのハンドボールゲームがパスをもらう側の人の動きに対し、鬼ごっこはボールを出す人の判断と動きになります。サッカーの場面では相手に囲まれてしまうことがよくあります。相手からのコンタクトを受ける前に、周囲を見渡し、的確なパスを繰り出すと良いでしょう。

最初は混乱すると思いますが、こういう非サッカー的なアップを取り入れたら、ゲームもより楽しいかなと思い、いろいろ挑戦していきます。

その後は、3チーム分けして毎度のようにゲームを楽しみました。比較的に人数が少ない分、運動量が増えて後半は足が止まっていきましたね。

ゲーム中は集中して、いつでもパスをもらうなどの準備が大切です。
わかっちゃいてても、ときどきポカをやらかすもんです…ハイ。

MOKSAL to the World!

—————————–

写真 ※敬称省略 左から右へ
小川、林、琵手藻、中西、吉村、横尾、奥田、井田、GARY、西川(初)、大川、室田
撮影:早崎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です