第64回

幼少の頃を過ごした岡山には高梁川という一級河川がある。この川の河口には潮 が引くと広大な干潟が現れることで有名だ。夏場ともなると、ある獲物を目当て に大勢の人がやってくる。

ちなみに干潟と新潟の区別がつかないようなみんなのために、今、日本の某研究 所で流行りのネットからのコピペでお応えしよう。


干潟(ひがた、英語:mudflat)とは、海岸部に発達する砂や泥により形成され た低湿地が、ある程度以上の面積で維持されている、朔望平均満潮面と朔望平均 干潮面との潮間帯。潮汐による海水面の上下変動があるので、時間によって陸地 と海面下になることを繰り返す地形である。
—フリー百科事典 ウィキペディアより

英語で書くと実に分かり易い! ちなみに中国語では海灘(hai3tan1)となる。

余計な知識を得たところで、お目当ての獲物とはなんぞやというと、穴ジャコ。 これを茹でくり回した後に、身をむさぼり食すと天にも昇る気持ちを味わえる。 油で揚げれば、皮までパリパリ食べれて良い。個人的にはゆで上がった身を載せ たお寿司が恋しいわ。

それもこれも捕まえなきゃ食べられない。一般的には巣穴へ毛筆を突っ込んで穴 ジャコの前足部が絡みついたところを引っ張り上げて捕る。穴ジャコの巣はU字 型をしているため、間違った穴に突っ込んでしまい男の面子が丸つぶれというこ とが多々あるから注意されたし。

そしてもう一つの捕り方に友釣りと呼ばれる方法がある。慣れると毛筆よりも高 い割合で捕獲できる。やつらだって何やら得たいの知れないふさふさしたもを追 いかけるよりもご同類の方が気になるってもんだろう。「っらっしゃい!」っと 巣穴の外へおびき出されたところで短い一生を終えることとなる。

おぉ~これだと思った! MOKSALの参加者を倍増計画って話。

もちろん、引き籠もりや飲んだくれのおじ様達をおびき出すのに、別のおっちゃ んの首に縄を掛けて住まいの前を泳がせても意味が無い。人間は穴ジャコほど縄 張り意識ないし、ましてそんなところをウロウロしているおっちゃんがいたら不 審者扱いでたちまちご用となってしまう。

ここは女子力を使えばイチコロだろうな!

しかし、問題はまず最初にその女子力をどうやって調達するかというジレンマ。
MOKSALは、ちっとも痛くも怖くもないので女性の皆様の参加をお待ちしておりま す!!

—————

本日は15名参加、5人3チーム、翌日の楽SPOフットサル大会に合わせて7分でゲー ムを回しました。ちょうどMOKSAL選抜メンバーチーム/フットサル大会参加者 チーム/その他という構成で、最近ネタに困っていたチーム分けがすんなりと。

実質MOKSALレポは、たったの数行?! うむむ…

(お知らせ)
第一弾 来週は5月1日労働節☆MOKSAL感謝DAY4の開催!

15時~17時

当日は無料開放です。奮ってご参加下さい!

第二弾 5月よりMOKSALの開催時間が若干変更されます。

19時45分~21時45分 2時間

球蹴り is my Life!
MOKSAL to the World!

※MOKSALユニ  300元(ご希望ネーム、背番号、サイズに対応)
※MOKSALウェア 400元
※好評発売中
※2013年12月より学割始めました(学生一人 40元)

—————————–

20140424

写真 ※敬称省略 左から右へ
枠外:横尾
後列:中野、坂梨、鷲巣、うぃっしゅ赤林、八並、堀田、奥田、太陽神宇野
前列:大和、白木、井田、竹本、林日食
撮影:早崎

カテゴリー未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です