第296回

日付: 1月17日(木)
時刻: 19時30分~21時30分
気温:  4℃
人数: 8人
内容: 寒い夜だけは~♪ あなたを待ちわびて~♪
    どんな言葉でも~♪ きっと構わないから~♪
    声が聞きたくて想い蹴りに託すよ~♪
    MOKSALよ! 伝えて欲しい変わらぬ木夜を ~♪

    結果…8名という集まり方。

    4対4を6分で繰り返し、お腹満腹なMOKSALでしたー!

補足: 特集- 人間とは実はリンパな生き物である。

◎リンパ系のしくみ
血管が全身に張りめぐらされているのと同じように、リンパ管が全身に張りめぐらされている。リンパ管にはリンパ液が流れており、リンパ液とは身体の組織と組織の間にある液体(組織間液)が集められたものである。リンパ管のうち、もっとも細くて組織の内部に入りこんでいるものを毛細(もうさい)リンパ管といい、毛細リンパ管は網の目のように全身の組織に張りめぐらされています。毛細リンパ管は集合して、より太いリンパ管になって、組織から出てきます。リンパ管同士はさらに合流し、最後は1本の太い管になって首の下にある鎖骨下静脈につながっている。リンパ液はここから静脈に流れ込む。リンパ管が合流して太くなる部分は節のようになっているのでリンパ節という。リンパ節は全身に約800個あると言うが、もっとも多くあるのは首とその周辺部で約300個が集中しているらしい。つぎに多いのが脚のつけ根(鼠径部(そけいぶ))とその周辺だ。

◎リンパ系のはたらき

体内に侵入してきた細菌はリンパ系を流れる間にリンパ節でとらえられる。従って、リンパ節に細菌が感染して、炎症をおこし、腫れることが多くなるわけだ。リンパ節は全身に感染が広がらないようにする細菌ホイホイなわけだ。腸管から吸収された栄養分は、門脈という静脈を経由して肝臓に入るものもあるが、脂肪などは大部分が腸管の近くのリンパ系に入り、それから門脈入りする。いったんリンパ系に入ることで腸に吸収された栄養分にまじっている毒素などをとり除くんやね。リンパは、一般に無色・透明のサラサラした液体で腸管から吸収された脂肪を含むために腸管近くのリンパは白く濁っているらしい。

◇参照◇コトバンク

発熱すると脚がだるく重くなる、肩が凝る(はる)というのはリンパ節がズンドコ節を踊りまくっているからかもしれない。

written by HAYA    

球蹴り is my life!
MOKSAL to The World!!  取り敢えずto the オランダ☆

(お知らせ)
◎ MOKSAL T&Tプロジェクト事務局員募集!
◎ 集まれMOKSAL GIRL! 女性参加者(気持だけ)優遇!
◎ MOKSALメイン ⇒ http://moksal.c-futsal.com/
◎ MOKSAL annexの記憶 ⇒ https://plaza.rakuten.co.jp/xingqi2/
◎ MOKSALへのお問い合わせはこちらまで ⇒ moksal-info@c-futsal.com

[好評発売中]
※ MOKSALユニ2017年版 220元(ご希望ネームおよびサイズに対応、背番号は空き番からご選択頂きます)
※ MOKSALパンツ    120元 
※ MOKSALウェア    400元
※ MOKSALポロ     240元

—————————–

 ※敬称省略 左から右へ 
一列:上平、上原、斎藤、宮っち、荒武、平澤、金
撮影:ハヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です