第144回

去る15日の火曜日のOneHandBekaryCup、サブタイル WinterCup2015へたくさんの 方にお集まり頂きましてありがとうございました。お陰様で無事にXmasケーキは 争奪されて行かれました~

というわけで、Xmasについての話。こうやって書いてクリスマスと読ますのだけ ど、英語の「Christ(キリスト)の mass(ミサ)」に由来するらしい。「クリ スマス」にあたるドイツ語は「Weihnachten(ヴァイナハテン)」、フランス語 は「Noel(ノエル)」、スペイン語では「Navidad(ナビダー)」、ラテン語は 「Christi Natalis(クリスティ・ナタリス)」なんだってさ。ちなみにギリシ ア語では「Χριστο?γεννα(クリストゥ・ゲナ)」と言い、「キリストの誕生」を 意味するそうな。

英語の「Christmas」をややくだけた略記として「Xmas」または「X-mas」が使わ れるわけだけど、英語圏のスタイルガイドでは推奨されていない。これはギリシ ア語「Χριστο? (Christos)」の頭文字である「Χ(カイ、キー)、またはそれと 形が同じラテン文字「X(エックス)」をChristの省略形として用いたものと言 われており、古くは中英語にΧρ?es masseの表記が見られるようだ。他にアポスト ロフィを付けた「X’mas」、「Christ」の末字「t」を添えた「Xtmas」や、 Χριστο?の頭二文字をラテン文字に置き換えた「Xpmas」などがあったようで、い ずれも希あるいは極めて希な表記らしい。

この内、日本で広まった事実無根の流説としてアポストロフィを用いた “X’mas” の表記は和製英語とする説や、アポストロフィを付けるのは誤りとする説、現在 はアジア圏でのみ使われているとする説が存在する。かくいう僕も、かつて何か の幹事でX’masと書いて、炎上した記憶が新しい。日本人って、ほんとマイノリ ティーに容赦ないよね?!

しかしながら歴史的に和製英語でないことは19世紀の書籍でも確認することがで きるらしく、 “X’mas”, “X’Mas” 表記は現在の英語圏でも出版物などで一般的に 使用されているんだと。アポストロフィを付ける表記は “X” がギリシア語の “Χριστο?” の頭文字を用いた省略形であることによるので誤りではない。英語圏 でもそこそこ使われているけれど、アジア圏でより一般的に多用されていること と”X-mas”や “Xmas” 表記に比べると少数なことから、間違いと誤解されたよう だ。[ウィキペディアより抜粋]

今こそ「間違っていない!」って声を大にして言いたい!! とはいえ、その時 受けた心の傷が尾を引いて、今ではXmasと書いてしまうのだわさ~

ちなみにモクサルはMOKSAL、アネックスはANNEXと表記するので忘れちゃだめっ スよ~ん!! いやちょっと、MOXRとかANeXなんて表記もかっこよくない?

◇◆◇

13名! 自由人のあの女性も参加!!
というわけで3チーム作り、6分間隔で回して行きます。

寒い中、よく身体をほぐしてからゲームに挑みたいところ。 暖かくなるまでに はまだあと4ヶ月ほどかかります。むしろ寒いときこそサッカーシーズン! 防 寒対策さえすれば、冬場の屋外スポーツも問題無し! スキーにスノボーって やったことあるよね? あれって、氷点下でも大汗かきながらやるスポーツだけ ど、寒くないでしょ?! 最近の防寒グッズの進化はすごいよね。カラオケの ねーチャンに使うチップがあれば十分暖かまれるぞ! もちろんねーチャンでも 暖まれることもある、だけどそっちは保って1ヶ月、グッズは5年くらい保つん じゃね(笑)

球蹴り is my Life!
MOKSAL to the World!

◇◇◇

(お知らせ)
◎Xmasイブの夜は感謝Day! 無料ですぜ、皆さん!
◎年内は 12/31 がお休みです!
(ANNEXは、12/29、2016/01/5の二日がお休み予定!)

◎MOKSAL T&Tプロジェクト事務局員募集!
◎MOKSAL 集まれMOKSAL GIRL! 女性参加者(気持だけ)優遇!
◎毎週火曜日 MOKSAL ANNEX あります!
今すぐチェック! ⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/xingqi2/
◎MOKSAL/ANNEXへのお問い合わせはこちらまで
⇒ info-moksal@c-futsal.com

[好評発売中]
※MOKSALユニ  300元(ご希望ネーム、背番号、サイズに対応)
※MOKSALウェア 400元

—————————–

 ※敬称省略 左から右へ
後方 : 林、浅野、谷口、安藤、釜澤、宮川
前方 : 押江、瀬尾、瀬尾Jr.、肖、山本
撮影 : 早崎

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です