第247回

日付: 1月25日(木)
時刻: 19時30分~21時30分
気温: -1℃
人数: 8人
内容: 「ハヤさんが来る日は少人数。」もはやこんな都市伝説が生れ落ちてきそうな今日この頃。「大寒波到来、降雪だ、凍結だ」と、引き籠りを正当化していや~しませんか? 雪の降る日こそ、MOKSALでパーッと発散! っていうか、もはや変態と同義語かもしれないけれど、敵(誰?)は天気が悪いからってあきらめちゃくれないぞ。むしろ、悪天候を味方にして、敵(だから誰?)を打つ! 史実では悪天候をバネに勝ちを拾った英雄はたくさんいる。
織田信長:視界を奪うほどの豪雨の中、勝利した桶狭間の合戦が有名
源義経 :所説あるけど「逆落とし」にて不可能と言われた断崖を下っての勝利、一ノ谷の合戦!
ナポレオン: イエナ・アウエルシュタットの戦いでは、濃霧を利用
三国志 :赤壁の戦い、大軍勢の曹操軍に対し、なにやら連合軍が奇襲を仕掛けて勝った話

などなど、枚挙にいとまがない。

要するにだ、えっと、なんだっけ? そう、悪天候は人間が勝手に頭の中でいろいろな事を「無理」的に処理してしまうが故の盲点。雨が続くと、天気が悪いと嘆くけれど、お百姓さんにとってそれは収穫高を決定する大事な要素であり、必ずしも悪天候ではないのだ。

えっと、だから、つまり、MOKSALで「全天候型 玉蹴りを楽しむことができるスキル」を磨こう!

長くなったけれど、本日は下がいつにもましてスリッピーということで、ドリブル禁止。そのための、タッチ数制限やヘディング縛り、両腕縛りと、様々な縛りを設けて、皆様の安全と共に、スキルアップを目指し、かつ、どんな天候でも玉蹴りできるんだぞ!という、目標をもって楽しみましたよね?

補足: 少人数制の冬季! だからこそ積極的に参加して、来るシーズンに向けてスキルアップしよう!そもそも個人参加型フットサルは、タッチ数が多いので、フィールドで球を蹴るよりも上達が早い。それが冬場だと、さらに人が少なく、レベルアップ間違いなし! ね、もう暖炉の傍で、小舟を漕いでる場合じゃないってことに、そろそろ気づくころでしょ!? 待ってまーす!

球蹴り is my life!
MOKSAL to The World!! 取り敢えずto the オランダ☆

(お知らせ)
◎ MOKSAL T&Tプロジェクト事務局員募集!
◎ 集ま れMOKSAL GIRL! 女性参加者(気持だけ)優遇!
◎ MOKSALページ ⇒ http://moksal.c-futsal.com/
◎ MOKSAL annexの記録 ⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/xingqi2/
◎ MOKSAL/ANNEX へのお問い合わ せはこちらまで
⇒ info-moksal@c-futsal.com

[好評発売中]
※ MOKSALユニ2017年版 220元(ご希望ネーム、背番号、サイズに対応)
※ MOKSALウェア    400元
※ MOKSALパンツ    120元

—————————–

※敬称省略 左から右へ
後列: 乔、浦山魂、宮っち、クレーマ山本
前列: 岡田幹事、釜沢天才、中西
撮影: 早崎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です