第17回楽SPOフットサル大会

【チーム MOKSAL トワイライト】

大高 荒武 早崎 座間 池谷

竹内 加納 石濱 伊藤ノ 栗原

今回のチームMOKSALは定例メンバーとは違い、残り物ベテラン組を招集。 大会当日がいろいろな活動日に当たってしまい、特に若手が集まらん。というわけで、集まったメンツを一人一人眺めて見た当初、「んん? 全員アラフォ~オーバーフォ? どーみても平均年齢45以上だぞ」 という、トワイライトな関係で集まっちゃった。うち一人が事前の練習試合で剥離骨折のために不参加、直前で補充メンバーを招集できたものの、伝説のフィンランド人ゴレイロは仕事でドタキャンだわとか、しかもその状態で今大会に申し込んだのは悪名高き【ガチンコリーグ】…結果、9名で無謀な戦いに挑むことに。

しかして、何や蟹屋で天はMOKSALを見放さず、今大会も参加チーム予選3ブロック分けからの勝ち点方式で、決勝トーナメント 上位(ガチンコ)と下位(馬馬虎虎)の振るい分けとなる。これはもしかして、意図せず馬馬虎虎リーグ参加なんじゃね?!

初戦のNOBUSHIに0-1の惜敗をし、嫌なムードの2戦目 アウローラJINTIEに0-6と快勝!、迎えた予選最終戦が宿敵ダイソンのKCFOREVER。 

0-2と大きく後れを取った前半、後半開始早々に加納ちゃんが泥臭い1点を返しての追いつきムードで事件が起きた。
この日、石濱氏の体の向きがどこかおかしい、ダイソンが力任せに蹴り込んだボールはそれを避けた某氏の腹に命中し、その刹那「ウェッ」と、カエルが潰された時のような嫌な音を放ちながら、ボールが自陣ゴールへと吸い込まれてしまう。結局、この失点のショックが最後まで癒えることなく、1-3で負けちゃった。

この無用な失点が仇となり、得失点差で負けたMOKSALは、6位フィニッシュでガチンコリーグへ進むことなく、7位フィニッシュで馬馬虎虎リーグの決勝Tのシード権を獲得する(笑 

決勝T初戦 オトクリ戦は全大会同様に2-1で勝ちを頂き、決勝戦 vs Sunday AとはPK戦までもつれ込むも、ゴレイロ栗ちゃんのスーパーセーブで3人目で勝利を決めた! いやっほーい、2連覇達成の瞬間~

MOKSALトワイライト 馬馬虎虎リーグ優勝★大会二連覇達成! これで次回以降も100%ガチンコリーグしか出れないぞ(涙
そして、二大会ともあの人の存在が無かった…これから、あの人はどうするのだろうか。ま、それはまた別のお話。MOKSALユニの元、今回お集まり頂いた皆さん、ありがとうございましたー! また次回、2019年秋の18回大会に向けて、ご準備下さい! 木曜日に、また会いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です